学校の特色

一宮工科高校とは
 一宮工科高等学校は、1963年(昭和38年)「愛知県立一宮工業高等学校」として 地域産業の発展のために開校した伝統ある学校です。
令和2年度までの57年間、「機械科」「電気科」「建築科」「土木科」の4つの学科で構成され、 多くの卒業生が各分野での発展に大きく貢献してきました。
 令和3年4月から学校名が「一宮工科高等学校」に変わり、
設置学科も の5学科となりました。
 女子にも魅力的な「建築デザイン科」が誕生し、女子も入学しやすくなりました。
他の4学科も女子の入学は可能で、多くの企業から要望がある「ものづくり女子」の育成を目指しています。

教育方針
 本校は、スペシャリストの養成を目指しています。
「社会への使命感に目ざめ、心身共に健康で豊かな教養と人間性を持ち 勤労意欲に燃え調和のとれた有能な工業人を育成」します。

実習とは
 工業高校の授業には普通科目と専門科目があり、専門科目の中で体験しながら 学習する科目が実習です。
通常実習は10人程度のグループに分かれ、各テーマを学習します。 2~3時間連続で実施されるのも特徴です。

資格検定の取得(資格取得状況
 本校では、将来の宝となる、資格・検定の取得に大きな力を注いでいます。 危険物取扱責任者については全科で取り組んでいます。

外部イベントや地域イベントへの参加・協力(外部イベントへの参加
 本校は、外部のイベントや地域のイベントへ積極的に参加・協力をし、活躍しています。また、各種競技大会などにも出場しています。

 ・ いちのみやリバーサイドフェスティバル
 ・ ミニミニ交通博
 ・ SLふれあいイベント
 ・ まちなかウォーカブル「銀座ストリートイベント」
 ・ 折り鶴飾り展示
 ・ 冬の七夕カーニバル(イルフェス)

 ・ 愛知県工業教育研究会総合競技大会
   (ものづくりコンテスト)
 ・ 愛知県工業高校生ロボット競技大会
 ・ 建築デザインコンクール など

部活動の活躍(部活動の成績
 本校には12の運動部と9の文化部があります。
1年生は、部活動に全員登録します。2、3年生になってもそのまま継続し、活躍している生徒が多くいます。
毎年、全国大会に出場しているレスリング部をはじめ、運動部の多くは県大会に出場しています。
また、文化部もボランティアとして地域のイベントに参加協力するなど活躍しています。
ページの先頭へ戻る